ランニングデビューを応援!継続するコツ

計測器

コロナ自粛による運動不足を解消するために、ランニングを始めた方は多いのではないでしょうか。

マラソンブームもあり、2018年の調査では10人に1人が走っているという結果が出ています。

しかし「68%が半年未満でランニングに挫折」というデータもあります。※マイナビニュースより

確かに私の周りにも、ランニングを始めたけど今は走っていない、という人が半数以上います。

続けられる人とそうでない人の違いは何でしょうか?ヤマーが考えた走り続けるためのコツをお伝えします。

ヤマー式ランニングを継続するコツ3ヶ条

① 息が切れないゆっくりしたスピードで走る

② マラソン大会に申し込んで目標を決める

③ ランニング仲間を見つける

①息が切れないゆっくりしたスピードで走る

息が切れないスピードというのは、ハアハア&ゼイゼイしない、口を閉じて鼻呼吸だけでも走れる、しゃべりながらでも走れるくらいのゆっくりさです。

初めて走る人なら「早歩きの方が速いんじゃない?」というスピードでOK!

距離やスピードを計測するために、ランニング用のアプリを使うのもオススメです。

私は「Nike Run Club アプリ」というのを使っています。

Niki Running
出典:Nike Run Clubアプリ

ランニングデビューをするなら

9分/km前後 (時速6~7km) のペースで、30分以内

から始めることをオススメします。

ヤマー

走ってみると分かりますが、このペースは想像以上にゆっくりです。

あまりに遅すぎて走りづらければ8分/km前後に調整したり、しんどくなったらウォーキングと交互にしてもOK。

とにかく、息が切れるほど走るのはNG!です。

なぜここまでゆっくりにこだわるのか?

理由は、慣れないうちに速く走ると「走ること=しんどい」という式ができあがってしまうから。

さらに体に負荷がかかり「走ること=疲れる」となってしまうからです。

最優先してほしいのは、走ることって気持ちがいい、スッキリする、楽しい!と感じれること。

そのためには、景色を楽しむくらいの余裕を持って走ることが必要なのです。

スピードも距離も、最初は少し物足りないくらいがちょうどいい、物足りないからまた走ろうと思えます。

負荷は慣れてからいくらでも調節できます。

また、長距離が走れるようになると、速く走れることが必ずしも良いこととは限りらない、ということに気がつきます。

ヤマー

「走ること=気持ちがいい」の式を、頭と体に覚え込ませましょ~。

ちなみに、ランニングを挫折する理由の第1位は「走るのがキツイ」です。

キツイ走り方をするからキツイのであり、走ること=キツイわけではありません。

ヤマー

フルマラソンを完走するとなると確かにキツイ。でも走る楽しさを知った人はどんなキツイ場面でも圧倒的な強さを持っています。

② マラソン大会に申し込んで目標を決める

闇雲に走るだけでは「また明日にしよう」が永遠に続く可能性が高くなります。

ある程度走る力をつけて、ランニングの醍醐味を味わうためには、マラソン大会に申し込むのが1番!だと考えます。

期限付きの目標があると、計画的に練習をするようになり、いつの間にか自分でも驚くほどの実力がついています。

ヤマー

大会では予想外のことが色々起こります。大会独特の雰囲気の中で味わう経験と感動はなんとも言えません!

マラソン大会に出場するには事前にエントリーし、支払いを済ませておく必要があります。

大会のエントリーといえば ↓ RUNNET。ほとんどの大会のエントリーができ、ランナーの多くが利用するサイトです。

RUNNET
出典:RUNNET

ちなみに、東京マラソン、大阪マラソンなどは独自のエントリーページがあるためRUNNETからは申し込みできません。

③ランニング仲間を見つける

ちょっと難しいのがコレ。できればランニング仲間を見つけてほしい!

1人で走っていると、もうやめようかなと思ってしまうこともあります。

そんな時に、ランニング仲間が走っているのを見て負けていられない!と闘志を燃やしたり、誰かを目標にしたり、マラソン大会で勝負したり、一緒に練習をしたり。

だから私は続けてこれたのだと思います。

走っている友人がいればベストですが、いないことも多いはず。それなら、地元のランニングクラブ、練習会への参加をオススメします。

初心者~上級者などレベル別に分かれているので、経験が浅くても参加できます。

私は大阪在住なので、そのあたりでいくつかご紹介しますね。

スポーツやろうよ!
出典:スポーツやろうよ!

↑ ランニングクラブのメンバー募集一覧です。レベルや特徴が書いてあるので自分に合いそうなクラブが選べます。ランニング仲間を作りたい人、同じメンバーで継続して走りたい人向けです。

ランニングベース
出典:ンニングベース大阪城

↑ ロッカーやシャワーがあり、練習会も開催している施設です。1回だけのお試し参加もできるのでクラブに入るよりはお手軽です。私は別のところで練習会に参加したことがあり、準備体操から丁寧に教えてくれました。

 

走っている友人なし、練習会などの参加はハードルが高い!という方へ

先にご紹介したNike Run Clubアプリで、私とラン友になるというのはいかがでしょうか?

友達になれば、相手の走った距離が見れるようになります。あなたのモチベーション維持に少しでも貢献できればうれしいです。

お問い合わせからお気軽にご連絡くださいね♪

 

コメントを残す