【ストレスに備える】事前に気晴らしリストを作っておく

準備

この方法の自己評価
効果
(3.0)
手軽さ
(4.0)
経済的
(5.0)

 

NHKで放送された「キラーストレス」の一部を自己流にアレンジした内容です。

参考 キラーストレスNHK

ストレスがかかった時の一時しのぎにも見えますが、最後に「結果を記録」することでストレス解消パターンが見つかり持続的に役立ちます。

なぜ事前のストレス対策が必要なの?

ストレスで何もしたくない、辛い、苦しい!

と追い込まれている時に

「よし!気分が良くなることをしよう!」

と切り替えができる人は少ないはず。

ということで、あらかじめ「気晴らしリスト」を作っておくことをオススメします。

今後訪れるストレスに備えておけば、何かあった時に少しは冷静に対応できるのではないでしょうか。

ヤマー

ストレスがかかった時はリストを見るだけ。そこにはワクワクすることがいっぱい書いてあるはず♪

気晴らしリストの書き方

ノートでもスマホでもなんでもいいので書き込みます。

できれば100個!!

ストレスの種類やその時の気分で色々選べるように、思いつく限りしぼり出してください。

行動、運動、妄想、なんでもありです。

私が書いたやつ

ちなみに私は ↓ こんな感じで100個書きました。
リスト

リスト

今これを振り返って思うことは…マジメか!

もっと気軽にできそうな、ちょっとしたことでいいと思います。

こんなに書いても実際にストレスがかかると、あれも違うこれも違うとなり…実行したのは10個ほどです。

ちなみに71番の白塗りは、当時の上司(自分とは性格が真逆の敏腕部長)の名前です。

ヤマー

私は計画表とか記録表を作るとワクワクしてやる気が出やすいので、自分の性格に合わせて盛り込みました。

気晴らしになることが思いつかない!という人へ

趣味はないし、やりたいことも思いつかない場合

  • もし自分が神様だったら何をする?
  • 宝くじで1億円当たったらどうする?
  • 空を飛べたらどこへ行く?

という妄想はいかがでしょうか?

個人的な意見ですが、私は「日の出を見る」ことで元気になるので、もし何も思いつかなかったら試してみてください♪

ヤマー

当サイトのタイトルにもなってる「日の出」については、後日じっくり書きまーす。

 

あと、参考にNHKのページに出ているリストも載せておきますね。
※「コーピング」は「ストレス対処」の意味です。

リスト例
出典:NHKスペシャル キラーストレス

結果を記録する

ストレスがかかった時に、毎回「リストのどれにしようかな~」でもいいですが、「こういう時にはこれが効く」という自身のストレス解消パターンが見つかればラッキーですよね。

そのためには「気晴らしリスト」を試した結果、どうなったかを記録することが必要です。

私が書いたやつ

「気晴らしリスト」から選んで試した結果を ↓ こんな感じで記録しました。
結果

…マジメか!

ヤマー

先ほど出てきた計画表もそうですが、私は計画だけでなく表を作ることも好きなようです♪

ここまできっちりしなくても、リストの横などにメモ書きでOK!

念のため表の項目について説明しますね。


実施日 : リストを試した日
対策リストNo : リストの番号
達成充実感 : 気晴らしの種類(10段階)
喜び楽しさ : 〃
幸せ安心感 : 〃
ストレス数値 : リストを試す前と後のストレスの変化(ストレスMAXを10として数値化)
対策前・対策後 : 実際に何にストレスを感じ、リストを試した結果どうなったかを記入

あくまでも私が勝手に書いたやつなので、ストレス数値だけにするなど項目も自由です♪

気晴らしの種類を分ける

先ほどの項目に「達成充実感」「喜び楽しさ」「幸せ安心感」を入れたのは、気晴らしの種類を判断するためです。

というのも、NHKキラーストレスのページに

そのストレスに見合った気晴らしや対策を行います
体に反応が現れることが多い「頑張るストレス」の時には、音楽を聴いてリラックスするなど、気分をしずめるものが効果的と考えられています。
逆に、心に反応が現れることが多い「我慢するストレス」の時には、カラオケで盛り上がるなど、気分を上げるものが効果的と考えられています。

とあるからです。

つまり、ストレスの種類に合わせて、気晴らしの方法を変えると効果的ということですね。

まとめ

準備 : 気晴らしリストを作る
実行 : ストレスがかかった時にリストを試す
結果 : リストの効果を記録する

備えあれば憂いなし!

 

コメントを残す