ランニングが病みつきに!超絶気持ちいい「ランナーズハイ」になるための3つの条件

ランナーズハイ

一度ランナーズハイを味わってしまうと、もう走ることから抜け出せなくなってしまいます。

私もその1人です。

ランナーズハイとは

走っている途中で無敵モードになることです!

マリオがスターをゲットした感じ。

「走ったらスッキリして気持ちが良かった~」レベルとは比べものにならず、脳内麻薬と言われるだけあって「なんだこれ!」とビックリするほど超絶気持ちいい!のが特徴です。

ヤマー

走り続けているうちに、さっきまでのしんどさがウソのよう、急に体が軽くなっていくらでも走り続けられる無敵感があります。

でも悩ましいのが、いつでも自由にランナーズハイになれるわけじゃないということ。

しょちゅうなる人もいれば、何年も走っているのに1度もなったことがない人もいたり。。

これをすれば必ずなるというわけではないですが、私が色々試した結果、ランナーズハイになりやすい条件をまとめました。

ランナーズハイになりやすい3つの条件

ヤマー調べによると、体にある程度の負荷をかけ続け、頭が心地よい状態の時になりやすいことが分かりました。

条件1:走る環境

周囲のことを気にしなくてもいい環境で走ることが必要です。

夜や早朝などの暗い時間帯(目から入る情報をシャットアウトするため)

信号や横断歩道がなく、人もあまりいない安全な場所(何かに注意したり避ける必要をなくすため)

アップダウンが少ない長い直線の道(一定のペースで走り続けるため)

ヤマー

私は、人が少ない夜の時間帯に、長い橋や河川敷を走るとなりやすいです。

条件2:走り方

ユルすぎず、キツすぎず、ちょうどよりもやや負荷がかかっている状態で、一定時間以上を1人で走り続けるのがベストです。

人数 : 1人(マラソン大会では周囲に知り合いがいない状態)

スピード : 1時間以上でも走り続けられる速さ(息が切れすぎず、やや負荷がかかる絶妙なペース)

時間と距離 : 30分以上、5km以上を走り続ける(長い方がなりやすい)

ヤマー

負荷が弱すぎても強すぎてもダメみたいです。

条件3:頭の中

次の3つのように、頭が心地よい状態、または好きなことを考えているとなりやすいです。

好きな音楽を聴く(音量が大きすぎると効果が薄い)

過去の栄光やうれしかった体験を思い出す

こうなったらいいなという妄想で頭の中をいっぱいにする

ヤマー

極限まで追い込んで息ゼイゼイで何も考えられない!という状態ではなりにくいということですね。

私の場合

初めてランナーズハイを経験したのは、走り始めて2~3ヶ月目くらい。

ギリギリ10kmを走れるようになった頃です。

スタートしてから約40分後、長い橋の上を走っている時に、疲れていた体が急にふっと軽くなり、スピードはどんどん上がるのに全くしんどくない。

しんどくないどころか、温泉につかっているみたいに気持ちがよくなり…

「なんだこれーーー!!」と心の中で叫びました。

ヤマー

ラン仲間の中には、途中の意識がなく1km以上ワープしていた、幼い頃の記憶が走馬灯のように駆け巡った、という人もいます。

最初にお伝えした通り、なりたいと思ってなれるものではなく、条件がそろった時に不意打ちでなることが多いです。

最近だと、気心の知れたラン仲間と河川敷を10kmほど走っていて、誰もしゃべらずシーンとなっている時に急にランナーズハイ(1人じゃない時になったのは初めて)。

かと思えば、トレラン大会 (山を走る競技) でスタートから20時間経過した2日目の夜、群馬県の山の中、前後の選手がいなくなった暗闇の中で今さら?なランナーズハイ。

ヤマー

予想もしない時になるのが面白いですね。

ランナーズハイのその後

ランナーズハイになっている時間はあまり続かず、長くても1~2km、20分以下のことが多いです。

それが終わった瞬間にガックリしんどくなるか、徐々に普通モード (いつも通りの体の重さと疲れ) に戻ります。

ヤマー

ランナーズハイは一時的とはいえ、体と心がリセットされた感があるため、普通モードに戻ってもポジティブに走り続けられます。

走り終えた後は、またあの感覚がほしい!と、ランナーズハイを求めてどんどん走ってしまうほどクセになります。

最後に

以前、↓ ランニングを継続するコツについて書きましたが

計測器ランニングデビューを応援!継続するコツ

ランナーズハイは、継続するコツなんてものを超越した究極の体験だと思っています。

ザ中毒!

さて、今夜も走りに行きますか!

 

コメントを残す