【第1位:走ること】フルマラソン完走が自信と過食症回復につながった

ランナー

過食症回復のきっかけ第1位は「走ること」

フルマラソンの42.195kmなんて人間の走る距離じゃない!

自分には不可能だし興味もないと思っていた私が、30歳で走り始めて2年後に完走しました。

「Afterフルマラソン」

完走後、自分が変わっていました。

それまでは何をしても自信がなく、すぐに諦めてやっぱりダメだったと自己嫌悪ばかり。

ゴールの瞬間に「やった!がんばった!」と心の底から思えたのです。

ヤマー

自分で決めたゴールを達成できると自信が芽生えました。

過食症は心の支え

走っていてしんどくなった時、ふと、過食症の1番ツラかった時期のことを思い出しました。

過食症のしんどさに比べたらこれくらい。

いつまで続くか分からない闇と比べたら…ゴールが決まってるなら全然走れる。

ヤマー

過食症を支えにしてゴールしていました。

不可能を可能にする力

このフルマラソンがきっかけで、少しずつ自分のことを認め信じられるようになりました。

また、不可能という思い込みを、自力で可能にできることも学びました。

やってみたい、面白い、と思えることなら可能性は無限大。

ヤマー

色んなことにチャレンジしてみたくなりました。

1が100にもなる

最初に走り始めた時は1kmが限界。

それから、2年後にフルマラソン、4年後に100kmを完走。

4年あれば1を100倍にできる。

ヤマー

初めて自分のことを面白いと思えました。

走ることはすべてに影響する

走ると日常生活まで変わる。

雇われて無理なくできるルーティンの仕事から、現在の自営業の道を選びました。

自分を信じられるようになると、見た目や人の評価よりも、自分の判断基準で物事を考えられるようになる。

ヤマー

これらのことが過食症の回復に大きくつながっています。

 

私のターニングポイントは、30歳の時に走った1km。

走ることは未だにそんなに好きじゃないかもしれない。

でも、走ることで得られるものが多すぎて、走らずにはいられない。

 

コメントを残す