【第2位:登ること】登頂し続けたら目標達成とプラス思考がクセづいた

登山

過食症回復のきっかけ第2位は「登ること」

日焼けはしたくない、暑いのは苦手で体がダルくなる。

超インドアだった私。

思いつきで富士登山ツアーに申し込んだのがきっかけとなり、山の世界に入り込んでいきました。

目標を達成する自信がつく

はるか彼方に山頂らしきものが見える…

「あんなとこまで登るの!?無理でしょ!」

と思っても、1歩ずつ進めば数時間 (数日) 後には、必ず山頂に辿り着けることを経験します。

そのうち、登れるかどうかではなく、登れる前提でどうやって行くか?どれくらいかかるか?を考えるようになります。

遠い目標は「はいはい、あそこね~」と、位置を確認するだけで終了。

ヤマー

楽観も悲観もせず、目の前の1歩を着実に進めて目標達成ができるようになりました。

目標達成の直前が1番キツイ

山頂の直前は急勾配だったり岩場だったりで、登るのが大変なことが多い。

しかも登り続けて1番疲れている時。

でも、ここを抜ければもうすぐ山頂ということを知っている。

全体図と現在地を把握しながら進む。

ヤマー

この感覚があれば迷わないし諦めなくて済みます。

どうしてもプラス思考になっちゃう

大自然の中を悩みながら歩き続けようとしても逆に難しい。

絶景があれば「わーーー!」となり

山頂に立てば「やったーーー!」となる。

山の絶景写真をあちこちで見かけるけど、実物は100倍以上の美しさ、さらに自分の足で辿り着けたという感動が+αされる。

ヤマー

下界の悩みなんてどーでもよくなることが多いのです。

自分の力が及ぶ範囲を認識する

どれだけリスク対策をしても、大雨になったり、クマと遭遇したり、石が落ちてきたり…

大自然が相手だからこそ、自分にできることは徹底、それ以上のことは悩まず受け入れる覚悟ができる。

日常生活にも応用が利いて、「〇〇になったらどうしよう」という漠然とした不安に飲み込まれることもなくなる。

ヤマー

普段も「自分でどうにかできることなら対策する、そうじゃないなら割り切る戦法」を使っています。

究極のミニマリスト

テントや寝袋、食料など、生活に必要なものだけを背負って山を歩く。

暗くなる前には今日の目的地に到着し、ごはんを作り、寝るスペースを確保する。

夜明けとともに広げた家 (テント) を片付けて、また登り続ける。

電気も電波もトイレも満足にない環境。

そこで過ごすうちに、自分に必要なものとそうでないものが見えるような気がする。

ヤマー

シンプルで特別な時間が過ごせます。

最後に

ただ山に登るだけ。

なのに、その経験が考え方や日常生活までも変えてしまう。

山という非日常の世界の方が、現実になっていくような感じでしょうか。

1回だけの登山では分からないかもしれない。

でも登り続けたら確実に何かが変わる。

ヤマー

登った人だけが味わえる達成感や解放感をぜひ体験していただきたい!!

 

コメントを残す