過食症の吐けないパニック!緊急対応とスマートに吐くコツ

沼

食べるだけ食べて、いつものように吐こうと思ったらうまく吐けない!

ちょっとは吐けたけど、ほぼ残ってる状態じゃない!?

なんで?!このままじゃ全部吸収される?!どうしよー!!

・・・とパニックになったことはありませんか?

ヤマー

汚い話でごめんなさい。でも過食症の人にとっては大事な話なんです。

吐けない時の緊急対応

なんらかの原因で食べた物が詰まって出てこないのかもしれません。

私は、次のいずれかを試していました。

① やり直し
もう一度、胃がパンパンになるまで詰め込み、気持ちが悪くなってから吐き直す (気分が悪い方が吐きやすい)

 

② 誘導
アイス、ヨーグルトなど、とろみのあるものを食べて他のものを誘導する (水のガブ飲みは逆効果なので注意!)

 

③ 下を向く

吐く時はヒザが見えるくらい下を向く (周りを気にして姿勢が中途半端だと余計に吐けない)

ヤマー

これで改善されることを願ってます。

吐けない原因

① 水分が少なすぎる or 多すぎる

 

② 米、麺類が多すぎる

 

③ 吐く姿勢の問題

① 水分が少なすぎる or 多すぎる

水分が少ないと詰まって出てこなくなるのは想像つくと思います。

でも逆に、水分が多すぎてもダメという不思議。

水分が多すぎると、吐く時に水だけが先に出てしまい、固形が残って出てこないことがあります。

よって適度な水分量が1番です。

ヤマー

イメージとしては、水で溶かしたらなめらかになるだろうなーっていうくらいの量がベスト。

② 米、麺類が多すぎる

いくら水を適度に飲んでも、詰まりやすいのが米と麺類。

水と同化しにくいからか?重いからか?

水分だけが先に出てしまって残りやすいです。

私は、麺類の中でもラーメンは大丈夫だけど、パスタは相性が悪い。

うどんとそばは時と場合によります。

ヤマー

ラーメンは汁に浸かってるから適度な水分があるのに比べ、パスタは水分が少なめだからかも。

③ 吐く姿勢の問題

吐く時は135℃の姿勢がベスト!

おじぎが45℃だとするとそこから+90℃です。

下を向いて目の前にヒザがあるくらいがちょうどいい。

それよりも上だと落ちづらいし、逆に下を向きすぎると詰まって胃から出てこなくなります。

重力を利用して流れるように出てくる角度を目指しましょー。

ヤマー

あくまでも私のイメージです。

吐くのにオススメの食事方法

① 最初と最後は重要

 

② 適度な水分

 

③ 詰まりにくい食べ物

① 最初と最後は重要

最初はヨーグルト、最後はアイスで締める。

これはひとつの例ですが、最初と最後になめらか系(トロトロ系)を持ってくれば、吐けないパニックはかなり防げます。

ある程度、誘導してくれるようです。

② 適度な水分

吐けない原因にも書きましたが、水分が少なすぎても多すぎてもダメ。

食べた物がなめらかになる程度の水分量がベストです。

③ 詰まりにくい食べ物

メインの食事は麺類以外の小麦粉系をオススメします。

お好み焼き、ホットケーキ、菓子パンなど。

水と一体化してなめらかになりやすいので、適度な水分さえ確保しれおけば、パスタのような詰まりパニックはありません。

米も1杯までくらいなら大丈夫だとは思いますが、なるべく親子丼など他のなめらか系の具材と一緒に食べることをオススメします。

ヤマー

オススメの一例なので、揚げ物や肉系など他の食事でも問題ないことが多いです。

 

詳しくはこちらの記事 ↓ に書いています。

干潟何が吐きやすい?過食嘔吐におすすめの食べ物ランキング

私の特技は吐くこと

過食症5年目くらいから、手を口に突っ込まなくても吐けるようになりました。

① 135℃まで下を向く
② おへそ辺りを両手で押さえて刺激する

これだけで、とってもスマートに吐けます。

手や口回りも汚れにくい、鼻水や涙もほぼ出ない、周りに飛び散らない。

手に吐きダコもできないからバレにくい。

ヤマー

名づけて「ワンツーフィニッシュ」!

最後に

以上が、私の吐く方法です。

下剤は使わない派だったので、吐けなかったらもうパニックです。

仕事をしながら限られた時間と場所で、絶対にフィニッシュ (吐く) しなければならない。

という状況で試行錯誤した結果です。

補足

過食嘔吐を推奨するための記事ではなく、これなしでは生きられずに編み出した方法です。

好き好んでやっているわけではないことをご理解ください。

 

コメントを残す