トレランの胃腸トラブル解消法③ ~それでも治らない編~

神頼み

トレランの胃腸トラブル解消法として
①冷え対策編
②刺激対策編

をご紹介してきましたが、それでもやっぱり調子が悪い!という場合の対策です。

トレランを始めた頃は全く問題なかったのに…クセ?トラウマ?になっているのか、1度腹痛や吐き気を経験してから胃腸トラブルを繰り返すようになりました。

ということで、ゲン担ぎの意味合いも含めた「それでも治らない編」です。

  目次

対策1:お守り代わりに薬を持つ

「ガスター10」と「ストッパ下痢止め」はとりあえず持っていきます。

最悪の場合はこれを飲めばいいや!と思えると、少しは心にゆとりが出てきます。

調子が悪い時は飲めばいいし、持ってるだけで少しはトラウマ解消になるかも!?

ヤマー

私は薬を飲むことに抵抗があるので、結局ガマンして実際に飲むことは少ないです。

対策2:どんな状況でも食べれるものを研究する

②刺激対策編でご紹介したジェルもそうですが、調子が悪くてもこれならなんとか食べれる、というものを自分の体で試します。

判断基準は、極限状態の時に食べられるか?食べても問題なかったか?です。

例えば、長時間で疲れ果てて食欲がない時、お腹が痛い時にあえて食べてひどくならないかなど。

ヤマー

練習の時に試せたらいいのですが、そこまで追い込めず本番で失敗しながら色々試しました。

色々と失敗した結果、優勝は「果汁グミ」

よく見かけるこのグミ、私にとっては救世主でした!

51gで170kcal前後あってジェル並み。(味によってややバラつきあり)

果汁100%でビタミンもとれるし体に良さそう!(なイメージ)

食べた後の袋も小さく丸められるし、最初から2袋を1袋にまとめておけばゴミも減ります。(袋はシッパー付き)

プニプニとした軟らかい食感なので、噛む気力がなくても食べれるし、ジェルばかりで噛みたい時にも持ってこい。

何より、食欲がない時でも食べられるし、これを食べて調子が悪くなったこともない、という安心感!

ヤマー

私のお気に入り味は「ぶどう」と「みかん」です。

飲み物だと「濃いめのカルピス」が調子いい

100mlあたり60kcalなので、1本490mlだと約300kcalもあります。

食欲がない時でもこれをチビチビ飲んでいれば、吐き気もなくハンガーノックにもならず生き延びれます。

ちなみに、カロリーだけに注目すると

普通のカルピス(45kcal/100ml)の1.3倍
ポカリスエット(25kcal/100ml)の2.4倍

です。

ヤマー

私はアクエリで腹痛を起こしまくったために、似たような味というだけでポカリまで不安になってしまいます。

 

まとめ

胃腸の冷え&刺激対策をしても治らない時は

・「ガスター10」と「ストッパ下痢止め」を持つ
・どんな時でも食べれるものを自分の体で試して見つける

大ピンチの時に備えてお守り代わりになるものを持とう!

 

あとがき

レース中、高確率で胃腸トラブルが発生するヤマーです。

今まで調子が悪いながらダマしダマし走っていたけど、2019年7月のおんたけ100kmはひどかった。

スタート時から前が見えづらいほどのどしゃ降り。

翌朝は雨がやんで服が乾いた頃にまた降ってきての繰り返しで、真夏にも関わらず体が冷え切っていたのか…腹痛が止まらず。

結局、茂みにインを繰り返すこと8回。

グダグダになって19時間以上かかってゴール (制限時間は20時間)。

その時に万全の胃腸対策を誓い、今回の記事に至ったのでした。

 

コメントを残す