【ガーミン Instinct Dual Power】GPSありで驚異の70時間稼働&手が届く価格のトレランウォッチ

garmin-instinct-dual-power

あなたが登場するのをずっと待っていました!

UTMFなど3日間に及ぶレースでも使えるトレランウォッチをずっと探していましたが、10万円オーバーでとにかく高い!

ということで、エプソンSF-850 (GPSありで24時間) を長年こぢんまり使っていました。

もちろん最後まで持たないので、レース中にGPSをオフにしてただの時計として使う、という悲しい作業付き。

そんな中、2020年7月に発売されたガーミンの「Instinct Dual Power」。

これを待ってたんです!

私が求める条件をすべてクリアしてさらに上を行く、コスパ最強の救世主です。

  目次

私が求める条件と「Instinct Dual Power」の強み

私がトレランウォッチに求める条件は6つ。

Garmin Instinct Dual Powerの強み

「私の必須条件」と言いつつも緩和策として、5万円ではおそらく厳しいので①は他の条件次第で上げる、②③は絶対、④は最悪なくても我慢する、⑤は普通あるはず、⑥は可能な限り、と考えていました。

しかし!「Instinct Dual Power の強み」を見ると、条件をクリアするだけでなくかなり上回っていることが分かります。

驚きなのが、GPSをONにした状態で70時間以上も持つこと。

70時間以上と書いたのは、ソーラー充電でさらに+75時間も延ばせるからです。

ヤマー

「Dual Power」はバッテリー+ソーラー充電の意味合いです。

「Instinct Dual Power」のスペック

「Instinct Dual Power」の仕様および性能

ガーミン仕様出典:ガーミン

注目すべきは赤〇のところ。

GPSありで70時間、さらにソーラー充電で+75時間という驚異のバッテリー寿命です。

しかも、GPS+心拍ありでも30時間以上。

サイズ4.5cmは男性にはもちろん、女性の腕でもギリギリ違和感がない感じだと思います。

重量53gなので重さを感じづらく、走っていても気になりません。

防水等級の10ATMは、水泳もできるレベルなのでバッチリです。

ヤマー

40時間を超えるバッテリーだと重量が70gを超えるものもあるので、かなり軽い方です。

「Instinct Dual Power」のセンサー

ガーミンセンサー出典:ガーミン

はい、申し分なしです。

血中酸素濃度が測定できるようになった

2021年4月に新機能として「血中酸素トラッキング」が追加され血中酸素濃度が測定できるようになりました。 (上の表の一番下に記載があります)

私は4月以前に購入しましたが、アップデートすることで後からこの機能を追加することができました。

コロナでパルスオキシメーター (血中酸素濃度測定器) が必要とされる中、大変ありがたいです。

ただし、医療機器ではないため目安としての使用に限りますが。

「Instinct Dual Power Tactical Edition」との違い

「Instinct Dual Power」より3,300円高い「Instinct Dual Power Tactical Edition」というバージョンがあります。

購入する時に、何が違うの?どっちがいいの?と結構迷ったので明記しておきます。

価格が高い理由は、4つの追加機能があるからです。

「Instinct Dual Power Tactical Edition」の4つの追加機能

ガーミン機能出典:ガーミン

上記以外の機能 (バッテリー寿命など) は全て同じです。

普通のトレランでは使わない機能だと思いますが、1つだけメリットがあるのでご紹介します!

ブラックカラーがあるのは「Instinct Dual Power Tactical Edition」だけ

仕事でも使えるようにブラックカラーが欲しくて、私は「Instinct Dual Power」の「Graphite (=黒鉛) 」カラーを選びました。

しかし、ネット上の写真では黒っぽくに見えていたのに、届いてみると ↓ 濃いグレーです!

Garmin Instinct Dual Power
この写真の色もどんな風に見えているか分かりませんが、とにかく「Graphite」は黒ではないのでお気をつけください!

真っ黒が欲しければ3,300円高い「Instinct Dual Power Tactical Edition」の「Black」にした方がいいです。

最初から分かっていれば多少高くてもこちらを選んでいました。

「Instinct Dual Power」の残念だった点

カラーがネット画像と違う

先ほども書きましたが、「Instinct Dual Power」の「Graphite」カラーをネット画像でブラックだと思って注文したところ、実際は濃いめのグレーでした

中途半端な色で安っぽく見えるので、私的にはあまりおすすめできません。

店頭で色やサイズ感を確認してから購入した方がいいかもです。

画面がカラーじゃない

最近は画面がカラーのものが多いですが、「Instinct Dual Power」は先ほどの写真の通りモノクロ画面です。

バッテリーの関係でしょうか。

でもまあ、バッテリー70時間のメリットにはかなわないので納得しています。

デザインがイマイチ

普段使いにもしたいけど、スマートウォッチらしからぬゴツゴツしたデザインが残念。

山でも使えるようにケース周りを分厚くしてガードしているのか、はたまた画面タッチではなくボタンを押すタイプだからか、しょうがないのかもしれません。

こちらについても、機能を重視して買ったので何とも言えないです。

楽天マラソンで買ったら実質39,015円だった!

「Instinct Dual Power」の定価は税込51,480円です。

ガーミン公式の楽天市場店で購入したところ、獲得ポイント12,465円を差し引き、実質39,015円で買えました。

ガーミン価格

楽天市場ユーザーならご存知、「楽天マラソン」を完走して購入しています。

念のための解説ですが、1,000円以上の商品を買ったショップ数に応じて、ポイントが最大10倍になるキャンペーンのことです (10ショップで完走) 。

さらにガーミン独自のポイント上乗せで+9倍UPなんていうのもあるのでお得。

楽天ヘビーユーザーの私は、買いたいものをためておいてこのキャンペーンの時にまとめて購入しています。

5万円を超えると高い印象ですが、ギリギリでも3万円台だと思えると手が届きやすいですね。

もっと高くても買える人向けに…ハイスペック&スタイリッシュな新商品

SUUNTO 9 PEAK

SUNNTOの最新モデル、定価で税込71,390円です。

GPS使用で25時間~170時間まで段階があるようです。

サイズは「Instinct Dual Power」とほぼ同じ4.3cmなので女性の腕にもフィットしそう。

スタイリッシュ&カッコイイ!普段使いしたい!

GARMIN Enduro

こちらはガーミンの最新モデル、定価で税込115,500円 (カラーにより異なる) です。

トレラン、特にウルトラ&トレイル専用のウォッチです。

バッテリーはGPS+心拍ONで、なんと70時間以上という異次元レベル。

画面もカラーでうらやましい限りです。


以上、今回はガーミン「Instinct Dual Power」のスペックを中心にご紹介しました。

使用感などについては後日アップする予定です。

ヤマー

本当は2021年のUTMF用に買ったのですが、今年も中止になってしまったでまた来年ですね。

 

コメントを残す